aQ 日々

たいした事書けませんが  見て頂けると幸いです

平成最後の1日

11:05

時代が終わる 平成が終わる

今は小竹向原

朝9時にアラームをセットしたけど10時に起きた

昨晩父が多分初めて作った気がするシソとコショウを肉で巻いてタレをかけた料理を食べた

父がお酒をワンカップを飲みながら揚げ物をしたせいで白い粉が付きまくったヘッドホンを濡らしたキッチンペーパーで拭っていると父が年金の封筒とか桑沢の健康診断結果とかの封筒をなぜか恐る恐る渡してきた

結局ヘッドホンは汚いままだし湿ってしまったままなのでスピーカーから音を出す

細田守監督の「バケモノの子」をキュウタが名前を教える所からイオウゼンに負ける所まで見て10時30分になりそうだったので

二つレンジで温めた肉巻きの一つに手を付けずに大皿に戻してちょっとだけ残ってたご飯も汚れが残らないように削り食べて炊飯器に戻した

昨日着ただけだから洗わずに洗面室の廊下に脱ぎ置いたズボンを着て兄が秩父に住む事になったりならなかったせいでレイアウトの変わったタンスから下着を取りこれまたレイアウト(というか一部削られた)が変わったシャツ用のタンスから コットン(だっけ?)100%の1000円で買った 洗うたびに縮んでいくシャツを着る すでに袖が足りないので上着を着て行く

そして10時半に家を出る

最寄り駅から10時に51分発の和光駅に行って 急行で明治神宮前駅に着いた 今

 


平成が終わる 最後の一日

 


桑沢に向かう「ガイコツ書店員 本田さん」のOPが流れてきた 半額で音質もよくカッコイイけどめっちゃ耳の表面が痛くなるカナル式のイヤホンから 昨日と今日は久しぶりに「男子高校生の日常会話」を聞いた

GWだからか家族連れが多い表参道

チラッと見た表参道一ポップそうな店の正面に習字の「令和」の額縁が置かれていてシュールだった

ポートフォリオのレイアウト、表紙、扉 全然良い形が思い浮かばなくてデザイン辛いべ ナメクジいた

ヒャダインの情々友情が流れる「日常」のOP 平成で一番お世話になったアニメかもしれない 石風呂Pの曲

 


5階ゼミ室が空いてない

別に7階でやればいいかと思ったが あそこでポートフォリオ広げる気にはなれないしアスパラガスビスケットをゼミ室に置きっ放しなんだ 清掃員さんを探して開けてもらおうと周る 7階の自習スペースを見たら誰も来てなかったので別にここでやるか

座ってちょっと休む、お腹を少し下しててトイレに行こうか迷う 結局行く羽目になるがなんとなく面倒で抵抗してしまう  でもまずい 行こう 人が居ないうちに

 

12:54

GW 明けの白根ゆたんぽゼミで発表する 「ランダムに人からもらったお題でイラストを描こう」のやつで

「プードル」をテーマにした 擬人化の可愛いやつを描いてる、昨晩は中学校の頃の友人〇〇のツイッターアカウントのペペロンがサクサクイラストをあげていて辛かった

俺も早く完成させよう

 

15:13

お腹減ったから何か買いに財布を持ってデイリーストアに向かう プードルのイラスト普通に好調 ポルノグラフィティshirobakoのアニメをBGMにする 五分に一回はツイッターを覗いてる ペペロンにイラスト作業のコツを聞いた 久しぶりにコメントした アストロノーツを聴きながら外に出る 雨上がり地面が濡れている 今日もどうせちょっと迷ってビスケットを買うと思ったけどピリ辛イカフライ60gが増えてたから同じく増えてた動物ビスケット120gと迷って買った このコンビニはいつ来ても外人しか店員がいない 寒い 7階に戻ると隣のテーブルに人が来てた、イラストを見られたくはない ピリ辛うまいかは美味かった、ピリ辛も丁度良かった でも手に油が付くからペンが持てない あと喉が乾く

 

15:33

あーうめぇ

手を洗って水飲んで、作業再開します

 

16:45

5時になったら学校が閉まる

 

17:25

清掃員さん来ないし 教頭みたいな先生が大人二人とお話会始めちゃったし ずっと残れるんじゃないか説

でももう集中力残り少ないし帰りてぇけど雨降ってそうだし寒いし眠いし

 

17:29

とか言ったら来た

ロッカーに荷物を置いて学校を出る

 

17:45

駅に着いた

学校を出ると強めの小雨が降っていた 曇り

駅の近くで濡らすのに抵抗を持ちながらアイフォンを見ると43分に急行が出るのを知った 多分走れば間に合ったと思うが

多分走ったら転ぶ、iPhoneをいじりながら恐る恐る歩く、各駅に乗っても抜かれるので急行を待つ

ホームの椅子に座る 

ツイッターには平成最後の日という事でそういったネタで溢れてる

駅までの途中で「ストロボライト」が流れた

「ま〜だ、気付かないのか〜な」という歌い出しが印象的な曲、作者は確か俺よりか若かった気がする、そしてもう亡くなっている

最近色んな人が亡くなる モンキーパンチとか小池一夫とかwowakaさんとか、

ジャンプの色んな漫画も終わった ジャンプそんな読んで無いけど

「誰かが生きてる1秒ずつ 言葉にできたならば、僕らは生きていく気がするのさ、言葉をばら撒くように」

名前忘れたけど、俺より若い人が高校生くらいに作った曲らしい  「アストロノーツ」も同じ作者さん

駅のホームは意外と空いている

あと2分で急行がくる ポートフォリオの表紙とかは全く進めてない

こうしてiPhoneに文字を打っていると高校生の頃を思い出す 毎日毎日暇な時間があれば、日記とか思ってるいる事をまとめていた、 毎晩布団に入ってはこの瞬間日記に何かしらをまとめまくっていた

電車に揺られる

自分が持っている一番古い日記は小学四年生の頃に始めた日記だ、今だに続いてはいる

一年に2回しか更新しなかったりした年もあったが、何か人生の節目を感じるとあの日記に今の自分を残す癖はある、ツイッターも日記みたいなものだ

でも、正直それを読む人はほぼいない事は分かってる

 


保育園の方針なのか母が毎日自分の事を観察した日記が2年くらい前に出てきた、10冊以上あったがその時始めて存在知って、読んで結構面白かったけど、なんか飽きてそれっきり読んでいない

自分の幼少期の頃なのに、そんなに興味は無かった、

思えば小学校くらいの頃から 父はたまに分厚い手帳に日記みたいなのを綴っているが、マジで興味無いし読めと言われれば露骨に不機嫌になると思う

 


結局他人の日記なんてそんなもんだと思う、偉人なら別かもしれないが

日記を書く時、もし俺が急に死んでしまった時とかに遺言みたいに遺産を調べる時に見つけて読んで何かを誰かに残せればいい気がするが、 逆に家族誰かが死んで日記を見つけても読む気になれない

結局、今の俺が書きたいから書いてるだけで 別に読み手なんて要らないんだと思う  「歴史的遠近法の彼方に忘れ去られてゆく」 さらにそれが平成最後の日ならなおさらだ

 


瞬間日記は高校二年生でiPod touchを買った次の日から始めていた、

でも卒業したあたりでパソコンにバックアップを取って以降からiPod touchを山登りで壊してまでの日記は消えている

 


小竹向原で急行所沢行きから和光駅行きに乗り換える

右の隣の人がずっとこっちを見てる気がするが、勇気が出ずに確認できない、こういう場合の解決法は大抵、気にしない事だと思う、 そうしてる間に電車から降りて行った

つり革を持って向かい合う座席には同い年ぐらいの男女が楽しそうに話している ラーメンの話 ちょっと気まずい 特にiPhoneを持ってると首と角度が座席に座ってる人と完全に向き合ってしまうからだ

あと二駅、イヤフォンからは「吉原ラメント」のアコギアレンジが流れる


地面にカバンを置いて足で挟んでいる

優先席前の四つの中で一つだけ長めつり革に掴まっていたけど さっき周りの席が結構空いたので座る

寒い

地下鉄から出たのか外の景色が見える、露骨に青い  露骨に曇ってる、光がない感じが露骨だ駅に着いた

ホームから見える景色、傘をさしている人とさしてない人が8:2くらいの割合、そこだけは露骨では無かった

 

電車に乗るとちょっと暖かい なぜかミカンの香りがする

 

 

18:33

改札を出るとき 剥き出しの定期券をマジシャンみたいに手の平で持って改札を抜ける

寝逃げエレクトロニカ」が流れる 雨

 

 

19:04

帰宅

家の近くのスーパーでルマンドとイチゴ味のパイの実アクエリアスビタミンとゴツ盛りのカップ焼きそばを買った

レジにはつっちゃんがいた 小中一緒だった人たまに一緒に遊んでいつも笑わせてくれた

12月31日の夜勤バイトに向かう時にも居た あの時は俺に気付いてスタッフルームに行って、その後すぐにレジが混んだせいで呼び出されて、丁度俺のレジ担当になってた

今回は空いていたからやり過ごせたようで良かった、金髪になってた、顔をカモフラージュする為なのかもしれない

「レジ袋はお付けしますか?」

「いや、大丈夫です」

家を出てから始めて人と話した

イチゴ味のパイの実を開けた 意外と少ない、食べた 意外と呆気なくて味も普通に美味い

この時期になると高校の頃のツイッターを見るとみんな新社会人となって社会に出て行く

気まずい思いをさせてしまって申し訳なく思う

俺の方が2年間フリーターしてたし バイト終わったらずっとスマブラしてたし最低な10代最後の一年を過ごしたと思う

 


湿ったというよりも濡れた靴下のつま先が冷え冷えしてる 春休みから自分の部屋で寝るようになったために常に畳んで置いてある布団の上に座る

パイの実食べてないで夕飯食べよう

 

 

19:18

リビングには父がテレビを見ている

台所で夕飯を注いでいるとソファを開けてくれる電子レンジから夕飯を取り出す

「コーラ飲むか?」

「飲む」

成功した

何も録画が増えて無いのでバケモノの子の続きを見る

コーラが運ばれてきた キャップにコップが被されている 父のコーラも注がれて置いてきた

不味い

父が料理を運んできた

自分が温めた二つの中にチーズの入ったトンカツみたいなやつの一つを取られたので 残ってある肉巻きのやつの一つを取った

キュウタが卵かけご飯を不味いのに無理やり食べて、熊鉄が嬉しそうに笑う

 

19:37

良かった

 

19:43

キュウタが旅を終えて帰宅した所で終えた

「セリフの多い映画だな」

自分の分の食器とコップをを運び 洗剤をつけて洗う

「ゴミ出して」

「うん」

唇と歯の間に入り込んだ食べカスを舌で拭いながら部屋に戻る ゴミ箱を確認して口を結ぼうと思ったが溜まってなかったから出さないようにした

「溜まってないからいい」

三つ折りになった布団にもたれながら日記を重ねる

 

 

20:09

ツイッター

「雑魚絵師ちゃん観察日記」を見てる 情々同情 靴下が乾きかけてる

ペペロンがツイッターを切り上げる的なツイートしてて我にかえる

スマブラの事を考えないようにしてパソコンを付ける

 


母からラインが来てた お婆ちゃんが連休明けに退院できるそうでよかった、婆ちゃん家来ないかと言ってるけど学校で課題してたいのと5日は友達と遊ぶと伝えた カイトは仕事次第らしい

ストーブを点けてつま先を温める

課題以外のやつをパパッと描こう

 

 

20:45

気付いたら昨日公開された東京03の動画見ながらballblastやってる パイの実を食べきった

 


健康診断封筒を見ると体重身長視力 聴力が分かった

至って普通だ 社会人の平均身長を少しだけ超えて 体重も普通だし視力は1.5 聴力もマックスっぽい

爺さんになっても聴力は保っていきたい

 

 

22:37

スマブラしながらYoutube見てた

デュエマの動画とかスマブラの動画とか

 


いい加減絵を進める

ツイキャスを始めたけど誰が来るわけでもない

 

 

22:59

パシリさんが来てくれた

 

23:48

楽しく会話してたらもうこんな時間

後1分で最後のツイキャスが始まる

 

23:50

Macとモニターを繋いで大きな画面で絵を描く

Macに負荷をかけたくないからBGMの動画はiPad miniで聞く 今はYouTubeプレミアムに入っているからバックグラウンド再生ができる

 

00:02

以上 平成でした

 

 

02:43

布団に潜った

ツイキャスではYoutubeの高評価した一覧を流す ほとんど音楽リストになっている 故に好きな動画あってもbgmにできなければ高評価は押せない 代わりにコメント欄にめっちゃイイねを打つ

令和間近の2時間なので思い出になりそうなシットリとした曲を流す 紅の豚の「時には昔の話を」とか

何を描くか迷ってはいたがキャスを始めてパシリさんが来てからは作業も乗って久しぶりの線画込みのイラストだったがスイスイかけた  昨日渋谷で個展が開かれてた望月ケイという人の描き方を真似した 構造のズレとかはあったけど線の雰囲気は真似できた気がする

平成の終わり側について話したりとかして12時に近づく このままツイキャスで終えたくない気持ちもあったので最終的にはやっぱり小学4年生から続けている日記に秒単位で心境を綴った、

そして 「時代が終わると思うと少し寂しい」の寂しいという漢字が分からず調べていたら令和になっていた

結局BGMは消していたしツイキャスも画面は見てなかった

その後はツイッターの巡回をしたりしてイラスト作業に戻った、パシリさんは時代が変わる瞬間にジャンプしてたらしい、ペペロンもジャンプしてたっぽい

その後はせかせか2時間くらい描いて 背景を迷った結果 投げやりっぽくなって完成させた

ツイッターに投稿すると 久しぶりのヴエコイラストだった 反響は相変わらず普通、たまにイラストにリプを残す人から「好き」という返信が来たのでイイねを押しといた、そして最近フォローされたフォロー数14人程度の頻繁にリプをしてくるヴエコ好きの外人さんからもリプが来た 毎回英語のリプで困惑する フォローしてる人俺以外全員外人さんだし aQって所から俺も外人に勘違いされてしまうのか 毎度戸惑うが今回もGoogle翻訳に手を貸してもらおうとコメントを見ると「x2」とだけ書いてあって理解不能だったのでとりあえずイイねだけはしておいた  外国のネットスラングなのかな

その後は終わりの挨拶をして、ちょっとだけ「平成生まれ」を読んでからシャワーを浴びた 夜の2時過ぎ 寝静まった父の近くのタンスからパンツを取り寝間着に着替える

今朝はお腹を下しかけてたので上着を一枚着て、布団に潜る、しかし今度は部屋に空気の流れがないからか足が汗ばむ 仕方なく布団を一枚剥いで掛け布団をいちまいにする

眠くなってきた

アラームを付けて寝よう

仰向けで寝てるとお腹が鳴る

10:30にアラームを付けた

寝よう、おやすみ

BallBlastの発射速度を上げる事の意味

ステージが900を超えたら発射速度のレベルをマックスにまで上げていこうと思う

現在は148Lv

BallBlastの発射速度のレベルをあげるという事はどういう事か説明していこうと思う

 

まずBallBlastで一度に画面に表示される岩の数には上限がある

全部で四種類ある岩の小玉を1 中玉を2 大玉を4 特大を8とした時に

岩の総数が8を下回った時に新しい岩が投下されていく(連続で新玉が投下される事はなぜかたまにあるけど、基本 新玉投下から4秒間は岩の総数が8以下でも新玉は投下されない)

つまりどれだけ急いで岩を破壊しても新玉投下のインターバル(4秒)はあれど画面上の岩の数は変わりません

そこでプレイヤーができる事は岩の大きさの選別です

岩は小さくなるごとにバウンドの頻度が増し 接触しやすくなります

要するに小玉が一番危険で大玉は安全と言えます

つまりは小玉から先に破壊していって、できるだけ画面を小玉で満たさない為に中玉以上には攻撃しないよう心掛ける必要があります

 

語彙力..._φ( ̄ー ̄ )

 

そして発射速度を上げていくと弾は横に広がり一列の弾幅が広くなっていきます

数値でいうと0.05秒に一列の弾が発射されるので最大レベルの秒速200発まで行くと

弾幅は10列にまで広がります

弾幅広がってスゲーつえーじゃんって思う人もいるかもしれませんがそもそも狙い目である小玉は小さいので一度に3か4発しか当たりません、残りの7発は流れ弾となってしまい小玉よりも奥の中玉以上に当たってしまいます

小玉の処理を優先したいのに中玉以上が先に分裂して逆に小玉ばかりになってしまいやられてしまいます

さらに岩のHPは大砲が1秒間に発射する弾と火力に比例していくので

小玉には当たりもしない流れ弾の分、小玉のHPが増えていきます

 

まとめ

岩のHPは発射速度を含めた大砲の強さに比例するので、当たりもしない弾の分、最優先で破壊すべき小玉が強くなる からです

線画

ラフ 線画 塗り 

塗りが時間かかる レイヤー分けしてても結局レイヤー洗濯がめんどくさ過ぎて全部結合して厚塗りにする 

レイヤーに対する解答

ラフ

線画

パーツ毎に下地塗り固有色

(小物(顔) 服 肌 その他)

線画の下から下地塗りだと線画を消すと色の境界線がボロボロ塗れてない

解答 線画にクリッピングマスクで下地の色を被せる

そもそも線画を飛ばして 下地で境界線をバッチリにする

 

クリッピングマスクで下地に影を入れる 

乗算  レイヤー分けする必要がない

服に青の影でも肌には赤の影を載せたいときなどにどっちゃになる

 

キャラクターとの別れ

旅の道中で魅力的なキャラクターが登場するが 主人公はアビスの底を目指すために別れなければならない

上昇不可の為に戻る事の出来ない旅では彼らと再び会うことは叶わず 再登場する事は無く

別れのシーンではキャラクターへの愛着が強くなるほどに悲しさを増していく

この出会いと別れの積み重ねはメイドインアビスの醍醐味の一つで冒険が進み後戻りが出来なくなるほどに重みが増していく。

主人公達と共に凶暴な原生生物への覚悟と友との別れを惜しむ事で、次の階層でまた新しいキャラクターとの出会いや広大で美しい世界が広がりに胸を高鳴らせる事ができる。

だが決して戻る事の出来ない旅では本当に安心出来る故郷に戻る事が出来ないと思うと旅そのものが自殺しているようなものであるがそれでも目を輝かせながら進み続ける彼らは人生の儚さと美しさをはらんでいる

友人塩缶にアビス一巻を読ませた

コマ割が下手

初動が遅い

早くアビスに行けばいいのにタラタラ日常挟んでる

日常あった割に ソフィーさんとかとのキャラとの別れの濡れ場が少ない 結局オースの人たちはどうでもいいんか?

 

1話がマジで何もない 漫画は大抵1話が一番面白いものなのにマジで無だった何もないじゃん  なんで1話でレグと出会わせなかったのか 1話の終わりで出会っていればコイツは誰なんだ!?って引きが作れたのになんで何もないんだ?

ちょいちょい挟んで来るモノローグの説明が鬱陶しい

リコが嫌い 金髪メガネおてんば少女が嫌いなだけかもしんない アビスに向かう理由が浅い

レグはめっちゃ興味深い 成長の幅があって今後どうなるのか注目できる リコに比べて戻ってこれなくはないから命懸けじゃないから

良い意味で責任とかの重みが無い

旅によって徐々に旅の重みのようなものが生まれてくるはず

ナットは誰だコイツ なんで急に出てきて 泣きながらお別れしてんだ?

 

総括

担当編集がクソ

つくしさんは面白い話を作ってるけどもっとテンポを出した方が良いのに 編集が上手く料理できて無い

所詮ウェブ漫画の編集だよな

アニメ見れば好きになれるかもしんない

 

次回 二巻に向けて

面白くならないわけ無いやん!

だってとうとうアビスに入るんやで!

危険な原生生物! 不思議な世界!

絶対面白いはず

課題が忙しくて絵が描けない

イラストを投稿できないのにツイートを重ねると発言内容のイラスト密度が薄くなるから下手な事が呟けなくなってしまった

イラスト見てフォローしたのにぐちぐち呟かれてもなーって視線

課題が忙しくて帰宅が遅い   眠い

帰って風呂入って飯食って  寝る

疲れた